その土地で本当に安心?用途に応じて地盤を見よう!

その土地で本当に安心?用途に応じて地盤を見よう!

土地は見た目で判断すると怖い?

土地を選ぶときには実際に現場で見てみてこれで良さそうだと思って決めますよね。それすらもせずに立地と面積を考えるとこの土地で大丈夫そうだからと思って決めてしまう人もいるかもしれません。ただ、立地や面積、周辺環境などを加味したとしても本当にその土地で大丈夫だとは限らないということは知っておいた方が良いでしょう。土地の見た目ではきっと安心だと思えたとしても実際には怖いこともあります。その土地の地盤の強さによっては使い始めてから悲惨な状況になります。もともと沼地だったところを固めただけの場合にはマンションを建てると地盤沈下を起こす恐れがあるでしょう。何に使われていたかを調べて地盤の丈夫さを確認するのが大切なのです。

用途に応じた土地を選ぼう

用途によってどのくらいの地盤の強さがあれば良いかは異なります。マンションや工場のように重い建物を建てる場合にはかなり地盤がしっかりしていないと、たとえ基礎工事をしたとしても長期的には地盤沈下のリスクがあります。しかし、太陽光発電システムを設置するだけ、青空駐車場の経営をするつもりというようなときにはあまり強固な地盤でなくてもリスクは低いでしょう。利用期間についての考え方も重要で、数年間使ったらもう売ってしまうのであれば基礎工事さえしっかりと行えば地盤が緩くても持ちこたえてくれる可能性が高くなります。どのようにして土地を使っていくのかを考えて、不安がない地盤の土地なのかどうかを確認しておきましょう。

土地探しをしている時にただ安い価格で販売されているだけではなく、周辺の土地開発が進んでいると将来的に地価が上がる可能性も高くなります。

ポーカールール